トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

松江・宍道湖放浪

仕事で松江市に来ています。言い訳しますが仕事です・・coldsweats01

仕事で自転車が必要だったのです・・ホントです・・chick

B5975

一日目は天気は最高! 仕事せずに走っていたい。

宍道湖は蒼く美しい。

B5984

ここの夕日は素晴らしいそーですが コノ日は夕方から

天気下り坂予報・・

B5988

仕事道具を大型リュックに詰めて お仕事です・・ホントです。

B6002

遅めのお昼ご飯。 最近この店がお気に入り。

B5993

内装も昭和丸出しで最高ですし出雲蕎麦も勿論美味い。

600円なり。 ボリュームもあります。 割子蕎麦。

B6008

遠くに鳥取の大山が見えてます。fuji

B6005

あっというまに日は傾いて一日が終わります。

B6019

しじみ漁も帰路につきます。

B6067

で、翌朝、天気予報では昼から雨予報なので 早起きして

走ってみました。「宍道湖湖北自転車道」良い道です。

B6072

田圃の真ん中一直線。 一直線が今日のテーマgood

B6074

宍道湖と一畑電鉄の間を走ります。

どんより雲って肌寒い・・

B6087

こういうのが宍道湖らしいですね。抜けると・・・

B6090

広い宍道湖が現れます。晴れてたら綺麗だろーなー

B6092

だんだん撮り鉄になってきた・・bleah

B6097

いいカラーリングですね。元京王電車5000系

B6093

これは七珍の一つ モロゲエビ獲るのにつかう柴漁用の枝。

B6100

まったりした感じが最高です。

B6082

この車両は旧・南海電車  デハ3000系

B6108

出雲市が近づき宍道湖の端までくると自転車専用道へ。

B6117 

どーよ・・この道。 湿原の中を走ります。

B6118

B6119

まーっすぐ・・延々続きます。少し小雨が降ってきた・・

B6128

B6132

まだまだ・・まっすぐ・・滑走路みたい。

B6139

葦の草原抜けると・・・

B6151

こわっ!沈下橋だけど超低い。スグに沈しますね。

斐伊川にかかる沈下橋です。

B6155

雨が強くなったので平田市でオシマイ・・

B6154

一畑電車は車内にそのまま自転車を持ち込めます。

B6159

よって輪行袋は要りません。

奥の車庫にデハニ50系が覗いています。

B6169

車内はこんな感じで・・しかも途中スイッチバックします。

B6177

雨の松江温泉駅に戻ってきました。

まだこれでもお昼になっていない・・早起きは得ですな。

しかし雨が強くなって40kmにも満たないポタになってしまった。

晴れた日に走りたいものですね・・やっぱり。

| | コメント (2)

松江の夜は・・

松江に1泊することになったの久しぶりに美味いものでもと

いつもの小料理屋Yさんへ。

B6033

ここは宍道湖七珍料理などが有名ですが今回は渋く

必ず頼む「しめ鯖」、「分葱のぬた」、「ささカレイ」、「ふな」

B6035

なぜかいつも注文してしまう「肉豆腐」 酒は「豊の秋」

B6037

隣に東海地方からのバイクツーリングのおじさんと肴を

交換しながらいろんなモノをいただきました。

白魚も3月末で終わりです。これは「蕗のとう」

B6040

最後は勿論「しじみ汁」 松江に来たら食べないわけには

いきませんね!

続いてもう1軒・・coldsweats01

B6052

BAR「山小舎」 松江に仕事があるときは必ず立ち寄ります。

技術や知識は勿論 松江のような小さな商圏でコレだけの

お店が維持できるのは凄いことです。

B6055

道中があまりに寒かったのでマズはホットカクテルを・・

「ホットバタード・ラム・カウ」

超温まります! ここのはバター多めで美味しいです。

B6057

2杯目、遠くのバックバーに見たことない雰囲気のボトルが

目に入ったので注文してみました。

「CLYNELISH1982」 このクライヌリッシュは私が大学に入った

年のモノですねースゲー27年ですって。

BERRYS OWN SELECTION の手によるリリース。

しかもBB&R社の復刻ラベルってーのがまたカッコいい!

少しピートが効いてシャープな味わいと甘いバニラ香が

調和してチビチビ行きたい1品。

半端じゃないアフターの素晴らしい酒で、ストレートで頂き

その後もう一つグラス用意してくれたので数滴づつ加水して

楽しみました。 こりゃよろしいですゾ・・

B6048

やっぱココは落ち着きますわ。良いBARです。ホント。

| | コメント (2)

トップページ | 2010年4月 »