« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月25日 (月)

2011夏休み・島原半島

阿蘇望を無事完走して最後の1日は長崎県、島原半島へ。

B9195

熊本県・長洲港から有明フェリーで島原半島へ。

有明海はいつも濁りぎみの事が多いですね~

B9210

島原と言えば雲仙普賢岳です。今日もヒルクライムです。

雲仙目指してガンガン登りますが脚が重い・・・

途中の狸山まんじゅうでアツアツの蒸したてをいただきます。

B9213

10個350円 冷たいお茶もいただきました。

B9217

栗餡と小豆餡 どちらもうめ~~!

B9220

雲仙に行こうと思って登ってきましたが雲仙は雲の中。。

視界が利かないので中腹は黒い雲に覆われてます・

ちょっとヤバそーなので方向転換します。

B9234

もの凄い雷と激しい大雨!1時間ほど軒先で雨宿り。

参りました!!

バリバリ雷が落ちています・・

B9242

一時間近く雨宿りしたら既に戦意喪失(^^;

島原市街に向かいます。 蒼い理髪店。

B9254

思った以上に落ち着く町です島原。

B9257

湧水の街だけあって水はどこも豊富です。

武家屋敷が並んでいます。

B9263

観光しまくり・・(^^)

B9274

「かんざらし と冷たい抹茶のセット」

白玉団子は冷たい薄甘いシロップに浸かってでてきます。

これ!私の好みに超マッチして美味しかったです。

B9279

湧き水の池に面した縁側でいただきます。

ここでまた一時間ゴロゴロ。。

B9300

雲仙災害記念館

B9305

何故かジャパンカラーの竜馬

B9311

もう一度雲仙へ・・と思って登り始めたら・・また雷雲。

下ってくる車はドレも濡れています。

もうアキラメムード。

B9346

よそ見していて数年ぶりに「立ちゴケ」しました。

ダメージはフォークに少しキズが入ってもーた。

なんだか食ってばかりの島原でしたわ。

    

| | コメント (6)

2011年7月24日 (日)

2011夏休み・阿蘇望2011

ついにこの日がやってきました。 晴天率100%を誇る「私」

ここ数年まともに開催されなかった「阿蘇望」もソコソコですが

晴れました!

B9019

開会式。 かなり多くの阿蘇望マニアが集います。

久しぶりに出会う仲間にも会えましたし、いつもニアミス

だった念願のfuk@さんにも会えたし(*゚▽゚)ノ

さすが既に脚見ただけで戦闘能力の違いが明らか・・

B9025

私はなんと10組スタート。 かな~り後半スタートです。

どんどんスタートしていくサイクリストを見送ります・・

早くでたいなぁ~

B9040

スタートして一旦下ったあとにジワジワと阿蘇の草千里を

目指して登ります。 この日の為にシコシコと近所の山に

行ってただけあってマダマダ元気(^^)v

B9047

まだ一つ目の山なんでみなさん抑え気味に走ってます。

私も今回の阿蘇望に備えて禁断の27Tを装備しましたが

まだココでは出番なし。

B9056

延々と登っていきますが特に辛いということはなく

美しい阿蘇の風景を堪能しながらゆっくり登ります。

B9075

登りきると爽快なフラットコース!ちょっと天気が悪いけど。

B9079

平地があまりないというか全然ないコースなんでココは

貴重なフラットエリアです。

B9089

草千里、折角なんで停まって記念写真。

そのあと一気に坊中線を高速ダウンヒルしますが

スピードでてるしコーナー多いので写真は撮れません。

B9099

2つ目の山、箱石峠。 ここも美しいグリーンの道です。

私たちが通過したあと雹や雷雨があったようでなんとか

すり抜けました。その後、小さなアップダウンの連続で

一旦スタート地点で昼食。

B9114

具沢山のだんご汁が美味いっ!

オムスビに冷やしトマト、とうきび、ブルベーリー、もろきゅう

などなど盛りだくさんの食事。 しっかりいただきました。

そして再び出撃!!

B9122

ロングコース最大の難所、地蔵峠。

8%くらいならまぁ地元の山で普通にあるので驚きません。

B9133

しかし途中からは10%越える斜度が大部分になってきて

蛇行する人も出始めました。フォームをかため綺麗な

ペダリングと真っ直ぐに走ることだけに集中して走ります。

ケイデンスが下がり禁断の27T使用。 

ああぁありがとう!!27Tよ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

B9137

なんとか地蔵峠もクリア。下界にはマダマダ自転車の

列が続きます。物好きが多いんですね~~(^^;

B9142

このサイクルマラソン阿蘇望、エイドも充実してますが

スタッフがいいんですよね~明るいし、バックアップも

完璧でしたし運営者の苦労が偲ばれます。感謝!

B9157

さぁ最後の第四の峠、俵山峠へ。 しかしこの峠、地蔵峠を

越えてきた脚に相当ダメージが・・

しかも完全な追い風。追い風良いと思うでしょ?ここでは

最悪でした・・暑い上に自転車速度で後ろから吹くから

走ってもまったく風が来ない!!

B9170

風車は回ってるのに暑くて暑くて・・でも既に思考能力が

なく気持ちいいくらいです。今回はかなり頻繁に

塩分チャージをしながら走りましたので体調は維持できました。

B9181

俵山峠を超えるとゴールはスグそこ・・なんですが実は

第五の登りがゴール前にあります(^^;

16時無事 13回サイクルマラソン阿蘇望、完走!

いままで参加したイベントの中では最高に充実感ある

大会でしたね。歳とりましたが練習次第でなんとかなる

もんだな・・と判っただけでも参加した価値がありました。

| | コメント (8)

2011年7月23日 (土)

2011夏休み・阿蘇ラピュタの道

今年は7月24日に開催されるサイクルマラソン阿蘇望に参戦。

それにあわせて早めの夏休みをいただきました。

金曜深夜に広島出発、熊本県・阿蘇に朝到着しさっそく徘徊・・

B8854

本命コースの「ラピュタの道」は厚い雲の中だったので

阿蘇山本体の坊中線へ。ややガスってますが朝の空気が

本当に気持ちいい。ヒルクライム日和です。

B8846

今回はレーサーとMTBの2台体制。 阿蘇の草原を

走れるか!?と期待しましたが防疫上の理由で林道は

すべて立ち入り禁止・・去年、口蹄疫で阿蘇望自体も

中止になったのでいたしかたない措置ですね・・

B8865

阿蘇をバックに沢山の牛や馬が放牧されています。

気持ち良さそう~~ストレス無さそうな顔してます(゚▽゚*)

B8886

米塚 阿蘇の中でもこのコースが一番ラクチンコースで

明日の大会ではココは下りコースになります。よって

撮影は出来ないので今日はシッカリ眺めておきました。

B8916b

一旦、麓まで下山し反対側のラピュタの道といわれる道を

目指しますが途中の道の駅で補給食を。

定番の「いきなりだんご」右、邪道な「トマト大福」左(^^;

B8925

阿蘇山と外輪山の間は広大な田園地帯でココも走って

見たかったんですよね~MTB最高!

B8929

山サイ用MTBなんでフロントディレーラーもサスもないけど

快適なオフロードです。

B8946

いよいよ自転車雑誌に載ってた林道へ。。。スゲ~!

なんかそそり立つような急勾配の山々が続きます。

しかも路面はかなり悪い。

B8949

ズンズン登っていきます。斜度は思ったほどはキツくは

ありませんがそれはMTBだからかもしれませんケド。。

B8955

ガードレールも所々腐ってて浮石も多くロードレーサーで

走るのは登りだけにしておいた方が無難です。

下りだとよほど気をつけないと危険ですわ。

でも素晴らしく美しい眺めです。

B8959

ちなみに林道以外に登山道もあることが地形図で確認

していたんです・・山サイできるかな?と・・・

途中までは最高のシングルトラックですがその先は・・・

歩いて下りるのも怖いくらいの垂直な崖ヒィー(((゚Д゚)))

絶対死にますので行かないように。。

B8967

峠は素晴らしい眺め!晴れてれば向こうに阿蘇の山が

見えるはずなんですが・・霞んでます。

B8979   

オヤツに福の神まんじゅう

B8988

走ってきた道が一望できます。でも思ったほど長い

登りじゃないんですよ。。

B8990

くれぐれも下りは気をつけて・・MTBでも石踏むとズリっ!

といきますんで・・道から飛び出すと。。。アウトよ。。

B8998

大会の前日受付に行く前に近くにできた新しいカレー屋

「山猫軒」で食事。 サッパリしたサラサラカレーは夏に

ピッタリで好みは分かれるでしょうが私は大好きなカレー!

しかも落ち着く店内でゴロゴロと1時間ほどくつろいでました。

まだ出来たてなんで3年くらい経つと庭とかもいい感じに

なりそ~頑張って欲しいですねー

| | コメント (8)

2011年7月16日 (土)

西中国山地ライド

阿蘇望を来週に控え 仕上げ具合の確認と酷暑対策に

芸北へ。 スタートは10時・・既に暑いです。

B8746

天気はギンギンの晴れ!高地といえども既に30度近い

気温でテストライドには最適です。

暑さ対策は頭には手ぬぐい垂らしを首筋に当たるように

セット。 水を垂らすと首筋がヒンヤリです。

顔に汗が落ちてこないのもGOODです。

CW-Xのアームカバー。 ヒンヤリ素材で通気性もよく

皮膚のようです。水をしみこませれば気化熱でとても快適。

脚は普通の半レーパン・コンプレッションタイプに日焼け止め。

B8750

マズはサクサクとR191を芸北地方に登って行きます。

以前はヒーハー言ってた虫の木峠ですが今はまったく

気にならない坂となりました。(^^)

B8755

この道沿いは秋口まで紫陽花が楽しめます。

芸北に入るまで紫陽花の道が続きます。

B8760

深入山が見えてきました。まったく問題なしのAvで快適に

登っていきます。少し抑え目にはしてますが・・

ここで心拍計臨終・・心拍30~60とか280とかになる・・

B8766

あちぃのでボトルはWボトル。 1本は頭と腕にかける用。

湧き水でチャージします。ギンギンに冷えて最高です。

B8769

深入山にて井村屋小豆アイスなう。暑くて袋から出すと

一瞬で真っ白・・

B8788

いつもと違い平地の多い聖湖周回路はパスし、

どんどん森を走るルートに入っていきます。

B8800

八幡湿原、いつ来てもいいですね・・ここ(^^)

B8803

今日は今までに走った事ないニュールート。

来尾峠を目指します。 ここは熊エリアなのでいつも熊鈴と

B8743

投げ釣り用のアタリ鈴80円。バネが付いてうるさいくらい

シャンシャンなります。 普段は背中に入れていて必要な

雰囲気になれば装着。 観光地で走るにも、山サイにも

便利です。クリップ付きなんでアウターに装着。

コレがのちに活躍するハメになろーとは・・

B8810

積乱雲がどんどん成長しています。見ていて楽しい!

B8815

来尾峠。 冬季は閉鎖される道で島根県・旭、瑞穂方面に

抜ける道です。

B8816

思ったより素晴らしい路面状況でした。

もっとガコガコと思ってたけどね~

B8818_2

なかなか高度感のある路です。とびだしたらアウトな道。

B8821

半分くらい島根に下ると再び今度は旭テングストンに

登っていく 早水・来尾林道へ。。。獲得標高3000mに

するには必要なコースでしたが・・

しばらくシャンシャン言わせながら登ってると前方に

なにやら黒いモンが・・熊っ!!!

ツキノワグマしかもデカイ!!しかも2頭!!

鈴の音聞いて一目散にお尻見せながら道を駆け抜けて

行きました。残念ながらカメラ起動する前に姿は消えました。

鈴つけてなかったら出会いがしらだったなぁ~

やっぱいりますね。熊鈴・・でも私は熊の住む事ができる

環境のある西中国山地が好きです。 是非このまま生き

続けて欲しい物です。お尻可愛かったです。

B8823

とはいえ熊の逃げた方へ再び登るのは無謀なんで

登りは諦め回り道で再び広島へ。

大朝を経由し再び芸北という変態的ルートでしたが

135km獲得標高2300mちょいと目標に達しませんでしたが

特に暑さに対するダメージもなく脚も問題なし。

あとは事故らず楽しむのみ(^^)v

| | コメント (4)

2011年7月14日 (木)

今日も早朝のみ・・

  相変わらず丸一日休めません・・(ノд・。)

阿蘇望までどーやらロングライドは難しい状況です。・・

大丈夫かいな・・ということで今日も夜明けから仕事前までの

早朝ライドへ。

B8685

コースはいつもの海まで一旦下り、灰が峰737mまで

一気に駆け上がります・・といえば速そうですが

10~14kmほどのノンビリ速度で。

B8681

いつも代わり映えしない写真ですみません。

この丸い展望台は昔の高射砲の台座を利用してます。

後ろは気象レーダードーム。 自宅からもよく見え

夜は光るんですよ。。

B8697

左に野呂山、中央に安芸灘とびしま海道。

朝もや越しに四国の山並みが見えてます。

朝はいいですね~とても静かです。

この風景見ながら朝ごはんタイムです。

B8714_2

・・で、帰ろうと思ったんですが少し時間が余ったので

もう一山( ̄ー ̄)v   広島市内が一望できる山の

絵下山(えげざん)へ登ってみました。

B8719 

展望台まで少し担ぎあげれば素晴らしい眺め。

霞んでますが芸北の山並みも見えます。

丁度街も動き出したって感じですね( ^ω^ )

B8722

灰が峰もそーですが絵下山も美味しい湧き水が

湧いていていつもここで給水します。

冷たくて美味しいです~

あ~でもロング走りたい・・・丸一日休みプリーズ・・・

さて仕事行ってきます・・(;;;´Д`)

| | コメント (2)

2011年7月 9日 (土)

早朝ポタ

最近仕事爆裂で丸一日自転車で出かけることができません。

梅雨もあけたのになぁ~(p´□`q)゜o。。

まぁありがたい事なんで仕事に影響のない早朝にスタート。

5時出発です。寒いくらい~

B8623

一旦 自宅のある山間部から海抜ゼロの海辺まで

高速で下っていきます。平地を少し走ってアップ完了!

見上げれば今から登る灰が峰(737m)がくっきりヽ(´▽`)/

B8635

今回はタイムを計ってたので途中PHOTOは無し~

さすが早朝は涼しいですね。ガンガン心拍あげても

気持ちいいです! 頂上は時折引っかかる放浪雲が

抜けると冷たいミストの風が吹きます。

B8632

目線より下にポッコリ放浪雲がコチラに向かってきます。

なんだか乗れそう、手が届きそうですが近づくとただの

霧になります。

B8643

アレイからすこじま、IHI造船所など呉の主要地区

B8647

東南には とびしま海道・安芸灘大橋から四国を望む。

これで本日のライドは終了~少し物足りないけど・・

 

| | コメント (6)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »