« ひまわりと備北地方 | トップページ | 夏・しまなみ海道 »

2011年8月13日 (土)

久々の本格山サイ

本当に久々に本格山サイ(担ぎ藪漕ぎあり)を楽しんできました。

最近ではMTB使って山を走るダウンヒルやクロカンと

思われがちな山サイ(山岳サイクリング)ですが

元々登山の延長なので今回は原点回帰のツーリング。

B9667

オッサン6人、芸北の大暮地区に集合。アブの大群に

歓迎されました。もちろん長袖長パンツです。

B9675

天狗石山へ向かう細く激坂の林道を標高1190mまで

ヒルクライムです。ロードではイヤになる急勾配ですが

MTBのギヤ比は偉大です。

B9685

山頂付近は雲の中。。(^^; 気温も低く快適なミスト空間。

ここからいよいよ山サイワールドへ。

B9696

ほとんど歩く人の居ないこのコース。 道は藪に覆われ

僅かな踏み跡が残るのみ。 過去に走った経験で私が

最前線ラッセル担当(^^) 足元なんて全然見えません。

超楽しい!!

B9698

この冬の大雪で倒木が多く道は廃道寸前。sweat01

ワイルド感満点ですがココまで強烈な状態とは予測して

ませんでしたねぇ~でも自然の豊かさを感じます。

B9705

藪抜ければブナの森を走る極上山サイコース。

笑顔がとまらないですねぇ~みんな。

B9709

しか~し(^^; 自然はそんなに甘くはなく・・飴と鞭が

繰り返していきますが私は藪も好きなんで全然OK!

B9714

極上のシングルトラックです。森の香りは落ち着きます。

B9742

最後に強烈な担ぎを経て山頂へ。coldsweats02

遠くに大朝の町がみえます。

ここは瑞穂ハイランドスキー場の頂上なんですよ。

B9749

冬にはなかった展望台が出来てました。

涼しい風が最高です。

ここまでは夏場はリフトでも来れるので綺麗な服の人や

犬連れた人が居るのですが・・

B9736

この集団が座ると建築現場の棟梁と丁稚・・風景ですね。

B9746

今から向かう最後の山、阿佐山が正面に見えます。

ココから阿佐山鞍部まではDHコースとしてスキー場が

整備しています。ski

B9751

よって安全なカっ飛びダウンヒルです!最高~~

楽しい~~

でもそのあとスグに強烈な担ぎ上げで山頂へ。

B9755

ソコからはテクニカルですがこのコース一番の美味しい

シングルトラックの下りになります。

B9759

木の根っこがいやらしいです(^^)

めちゃ滑るので集中力必要ですcoldsweats01

B9764

笑いながら転げ落ちていく男・・(^^)

B9767

全身ドロドロのオッサン軍団(^^;

こんな物好きなツーリングに付き合ってくれる仲間が

たくさん居ることは幸せな事ですhappy01

B9772

もう停まるのも忘れてグリーンのトンネルをひた走り

最後は渓流に自転車ごとダイブして汗を流してサッパリ~

久々に「山サイしたなぁ~!」って感じになりましたよ~

|

« ひまわりと備北地方 | トップページ | 夏・しまなみ海道 »

コメント

すっごく、ハードそうだけど、楽しそうですね~

芸北の山サイ、行ってみたいです。

僕もはらっさんと同様、29erにしたのですが、大きいですね~
果たしてどうなんだろうか?

みずほへ行く時は一声掛けてください(^^♪

投稿: 97 | 2011年8月13日 (土) 21:33

こういう世界、新鮮です~
僕もMTBマジで欲しくなりました。
同じ自転車でもロードとは全然違った魅力ですね~
すっげー気持ちよさそう!

投稿: かど | 2011年8月13日 (土) 22:05

97さん
29の場合は問題は重量ですね~
DHバイク、XCバイクとしての性能は申し分ないのですが山サイとなると登山の分野になるのでやはり軽量化が重要になります。
下るスピードはさほど重要視しないので
舗装路で頂上に立てる山以外は少しでも軽い方がいいですね~
また山サイ行く時は声かけますね。

投稿: やまもも | 2011年8月13日 (土) 23:21

かどさん
私は元々自転車始めたのはMTBが最初なんですよ・・実は。
山サイからロードに移行したんで今でも
ロードレーサーでも平気でダートを走るクセが抜けず皆さんにヒンシュクかってます。
自転車っていろんな楽しみがあるのでロードだけで終わるのは勿体ないです。ロードを極めるってーのもアリですが私はいろいろ楽しみたいので(^^;

ロード、MTB、折りたたみ小径の3台体制が理想ですね~~

投稿: やまもも | 2011年8月13日 (土) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひまわりと備北地方 | トップページ | 夏・しまなみ海道 »