« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

④隠岐ツーリング(中ノ島編)最終回

今日の最終日は走らずにシーカヤックか観光船にでも・・・

と思ったら高波欠航。。。

B2190_2

ということで島前三島の最後の島、海士町の中ノ島へ。

今日は昨日よりは波が穏やかなのと西ノ島ー中ノ島は

比較的穏やかなので輪行せずにデッキに直接搭載。

B2223_2

比較的アップダウンの多い海岸線を走り明屋海岸へ

波被る遊歩道もガンガン走行。。。潮まみれ~

B2235

なかなかいい感じの岩~と思ったらぁ~~

B2243

岩の穴がheart01

B2253

今日はまったり。 のんびり佇んでウォークマンで

音楽聴いて日陰でゴロゴロ。。。

B2261

お迎えのフェリーおきが入港してきました~

さらば隠岐! また必ず来ます。

B2299

広島から七類港まで自走でやってきた変態を積んで

一路広島へ~~!

| | コメント (4)

③隠岐ツーリング(西ノ島編)

本日は内航フェリーが高波欠航。 9時の高速船で中ノ島へ。

B1804

本来はこの内航船は自転車もそのままでも後ろデッキに

載せてくれるのですが今日はモロに海水かぶりそうだし

下手すれば海にダイブしそうなので面倒ですが輪行。

B1808

しかもいつもの「いそかぜ号」は修理中で代替船。

B1811

やっぱ輪行して正解(^^;瀬戸内海なら完全に欠航レベル。

B1818

別府港から宿のある浦郷を目指します。 

こちらも入り江の中は静かなものですね・・

後ろに鬼舞スカイラインの台地が見えてます。

B1827 

本日の宿、岸本旅館さんに荷物を置いて何故か赤飯を

頂いて出撃。 まずは国賀エリアへ。

B1847

摩天崖に向かう道をヒルクライム。 斜度は普通です。

B1869

この西ノ島は牛に加えて野生馬が多く生息しています。

驚かしたり不用意に近づかなければなんの問題も

ありません。とても優しい目をしています。

B1880

もちろん牛も馬も道と草原の区別はありません・・・

「はい避けてね~」と言いながら走ります。

B1883

台風が来ているとは思えない良い天気。

本土は雨のようですし・・不思議。

B1891

若い馬は興味心旺盛!

B1895

サドルペロペロ・・と。。。

B1914

摩天崖 すげ~綺麗!泳ぎたい!

B1926

ここから国賀の海岸まで下ります。

B1938

てっぺんからココまでアッという間に下ってきます。

何個か生っぽいのカスメてしまいました・・bearing

B1941

綺麗なシングルと道の不明瞭な草原が交互に

出てきます。

B1947

登山道と牛の獣道と区別不能ですが獣道の方が

走りやすいです。

B1950

もったいないので休みながら味わいながらゆっくりと

タイヤをロックさせないように下ります。

もちろん植物には配慮しつつ下るのは当然です。

B1963

下り始めた摩天崖を反対から見るとこんな感じ・・

B1990

シングルトラックも終盤、カメラが飛んでいって岩にっ!

なんとか動いてるけど大丈夫かしら・・

B1993

今度はカヌーで周ってみたいモンです。。。

B2005

今日は風が強くてカヌーはキツイけど。。。

B2022

再びヒルクライム開始!今度は鬼舞スカイラインへ。

B2056

草原の先には昨日の知夫里島アカハゲ山が正面に。

B2076

どの馬も良い艶していますね。

B2092

本日のお宿は岸本旅館。   

アットホームな民宿でなんか親戚の家にお邪魔した感じ。

イサキ煮つけ、大粒岩牡蠣、カニ、刺身盛り合わせ、

天ぷらに、モロモロ・・海の幸満載でした。

B2126

夜が早いと朝も早い・・(^^;

朝飯前にブラリ・・と ノーヘル・ビーチサンダルでふらり

出かけたらツイ・・朝ヒルクライムモードに・・

B2128

ふたたび摩天崖方面へ・・

B2148

朝は違った表情見せますね~綺麗。

B2163

急いで戻って朝御飯~~~!

④隠岐ツーリング(中ノ島編)最終回 へ続く・・・

| | コメント (6)

②隠岐ツーリング(知夫里島編)

この隠岐に向かうフェリーに乗りなれた人は船体の

中心部にある座敷を目指します。 

眺めの良い両サイドじゃないのよね・・

B1333

それは船の揺れが一番安定して少ないエリアだからcoldsweats01

今回は全然に近いくらい揺れませんが以前行った時は

5mオーバーの波でデッキまで潮かぶる凄さの揺れで

驚きました。。。

B1343

2時間ほどで隠岐諸島・島前(どうぜん)知夫里(ちぶり)、

来居(くるい)港に到着。

B1344

この島は交通手段がほとんど無いので自分で好き勝手に

移動しようとするとタクシーしかありません。

自転車の価値が生きる場所です。早々にMTBを組み立て

出発! 途中、民宿いさり火さんに寄って荷物置いて出撃。

B1349

相変わらず人も車もいませんし美しい海は変わってません。

遠くに「アカハゲ山」が見えています。

B1361 

アップダウンの多い道ですが車は皆無ですし

台風から流れてくる強い風が音をたてて吹いて

気持ちいいです~

B1363

道に車は来ないのですが「牛」来ます(^^;

隠岐も3回目になると流石に驚きはしませんが以前は

かなりビビリました。大きいしね。。coldsweats02

B1393

ウンコロード、隠岐の美しい景色を堪能するには避けて

通ることの出来ない関門・・・全島放牧なんで道も草原も

区別ないですが不思議と牛舎にありがちな臭いは

まったく無いんですよ。 生っぽいヤツだけ避けて

あとは気にしません。。。土です。。これは土っ!

B1403

急登を越えると・・・

B1405

断崖絶壁! 落ちたらアウトですが吸い込まれそうなくらい

美しい海と赤い崖、「赤壁」です。

B1418

自転車の向こうは垂直に海まで落ちてますhappy02

B1430

こんどは「アカハゲ山」ヒルクライム。

宿のお母さんが行動食にくれた林檎を食す。

うめ~!

B1441

グルグル登っていきますが斜度は緩やかです。

B1453

草原はダウンヒル天国。

風が凄いっ!

B1457

良い道でしょ!・・と思ったら。。。

B1466

後ろから牛の親子がドスドス追い上げてきます!!!

ゴールスプリントかっ!!

B1471

並ばれて差されたっ!速いっ!

B1475

上からも下からモー!!ドスドス!パカパカ!走る走る!

一緒にコチラもダンシングで追いすがる。

B1489

集団にちぎられた・・(^^;

B1492_2

序盤に差した親子を差し返すgood

B1494

メイン集団は13~4kmで逃げる。追う やまもも。

B1498

ヒルクライムごっこしてるうちに相当登りました(^^;

B1502

ゴール!?のようです・・牛的には・・お疲れ~

B1516

じゃね~!

B1532

私の選ぶ自転車で走りたい道10選に入れて良い道!

B1552

360度の景色、だーれも居ませんし車も無し~~

まさに美しき僻地・・といってもいいかと。

B1540

登りはオンロードですが下りはオフロード、

道は無いですが草原を適当に下ります。

斜度もソコソコ乗れる範囲の場所を選べばほぼ乗って

下りれる。

B1572

但し、山サイの掟の通りハイカー優先・・じゃなくここは

牛優先!牛の近く通るときは下車します(^^;

B1587

結構テクニカルなコースです。石はあるしウンコはあるし。

B1608

山を突っ切るとドスン!と舗装路に出ます。

B1609

んでもって再び草原を下り次はアノ牛の辺りに下ります。

B1661

あとは舗装路をノンビリと。

B1671

なぜこんな地名に。。北海道に増毛ってトコロはあるけど。

B1721

夕方までノンビリと散策。 初めて緑鮮やかな時期に

来ましたが笹百合が揺れて美しい島です。

晩御飯は魚三昧で満腹なりぃ。

  B1784

翌朝早朝の朝ポタ。 来居港は相当荒れてる。

島前3島を結ぶ内航船フェリーは欠航・・・

高速船は出るみたいで助かった~

③隠岐ツーリング(西ノ島編)に続く・・・

| | コメント (11)

①隠岐ツーリング(七類編)

今年の夏休みは四国・高知東部を重点的に回る予定が

大型台風の影響で予定日は全て雨予報。  

急遽、天気の安定した地方で別プランを・・・・

B1263

夜に車を飛ばして車中泊したのは島根県本土北端の町、

「七類港」  台風の影響で風が強いです。

隠岐に向かうフェリーは9時半発なので少し朝ポタ。

B1269

入り江の対岸から見た七類港。左から「おき」「くにが」

今日乗るのは「くにが」です。

B1275

深い入り江は波穏やかで天然の良港です。

B1286

凄い大きさの網を補修し畳んでいってます。

定置網の網だそうです・・腰に悪そう・・

色が綺麗ですね!happy01

B1293 

朝ポタ用にMR4も積んでおいてよかったです。

B1299

入り江を抜けると荒々しい日本海。

まだここの波は静かですが洋上では波高3~4m・・・・

B1304

イカがバンバン水揚げされてました。

B1316

一つとなりの入り江まで走ると変わった神社発見。

島根のモンサンミッシェル(^^;

B1317

なかなか味わい深い神社です。 

周りの海の透明度も半端なく綺麗!

B1324

さてそろそろ車の乗船が始まりました。

B1327 

切符も買ったし行って来ます~夏休み!

②隠岐ツーリング(知夫里島編)に続く・・・

| | コメント (4)

2012年8月15日 (水)

野呂山行き当たりばったり

仕事の予定が急きょキャンセルになったので

デスクワーク済ませてからゆっくりと出かけてみました。

B1103

まずは東広島市黒瀬町を北へ。

黒瀬川沿いに走ります・・雨じゃなかったの??今日。。

B1105

爽やかそうですが湿度90%蒸し暑い・・

こんな時は日陰走りたいですよね~

B1109_2

野呂山にはメインルートは3本。 その中で一番涼しい

せせらぎロードを走ります。 渓流からの冷たい風が

時々ですが癒してくれます。

B1114_2

残り2本のコースはほとんど日陰無いので灼熱地獄ですが

ここはほとんど樹木のトンネルで比較的涼しいですし

B1116

湧水、岩清水も多くクールダウンには最適です。

ただし斜度はソコソコありますし10%オーバーも

何度か登場しますので・・

B1125

山頂の展望台から望む瀬戸内。

風が強いのがさざ波たった海面でわかりますし

放浪雲が手の届きそうなところを流れていきます。

B1130_2

下りは川尻に下るメインルートを降ります。

眺め最高の素晴らしいヒルクライムコースで

斜度も程よく真夏以外ならお勧めのコースです。

川尻から安芸灘大橋渡って蒲刈島を周回して呉市へ。

B1144

川原石の裏道になにやら怪しい店が。

製氷店かと思ったら氷菓店(^^)

迫力ある暖簾の割に小さなテーブル、丸椅子4脚

古い扇風機1台のみ。

B1148_2

メニューは蜜2品に金時の3品のみという凄さ。

B1147

でもね~これがなかなか素朴で美味い!!

昭和テイスト満載ですし雰囲気もよろしいです。

もちろんアサガオグラスね

B1149

なんか妙にうれしかった。 夏終わったらナニ売ってるの

かも非常に楽しみ~~! 

また氷食いにいこっ

| | コメント (4)

2012年8月 5日 (日)

岩城島とチャリティーライド

仕事の予定だったのですがお昼過ぎからに変更に!

今日はZERO主催の東日本大震災チャリティーライドの日。

行くっきゃないでしょ!

B0756

大三島11時集合なので 早朝に出発してしまなみ海道も

堪能しようという企み。

B0758

忠海港にデポして須波港まで移動します。

朝の空気が気持ちいいですが超逆風( ̄Д ̄;;

B0764

車も少なく快調! 夜明けです!

でも25kmくらいしか出ません・・・

B0772

須波港で 尾道のショップ主催のとびしまなみに行くという

サイクリストと少し談笑。

楽しい1日になったでしょうか???

B0780

始発の瀬戸田・沢港に向かうフェリーは申し訳ないほどに

ガラガラです。。乗ってあげてください(^^;

もちろんサイクルーズパスにて。

B0797

瀬戸田(生口島)を時計回りに半周すると洲江港に到着。

すぐ目の前の岩城島に渡ります。

目指すは一番高い「積善山」です。

実は岩城島、渡るのは今回が初めてです・・・

B0841

サイクルーズパスがあるので往復で自転車込み300円。

B0805

港から4~5kmほどの登りが続きますが斜度は

とても緩やかですしほとんどが木陰で大変涼しいです。

夏のヒルクライムには最適です。

のんびり上がれば特にハードでもない道なので

初心者にもイイかも!また桜の季節は全山桜だらけに

なるそーよ。cherryblossom

B0815_2

眺めのいい場所に行くには最後の最後に担ぎ!

お約束ですがクリートカバーは忘れずに!scissors

別に自転車は下に置いていってもいいんですが・・・

B0818

秘密基地っぽい展望台が出てきました。

結構立派!住めそうです。

B0821

その景色は完全に360度が見渡せる絶景ポイント。

ここまで360°ってのはあまりないですね。

B0824

大三島・伯方島方面

B0826

弓削島方向

B0830

生口島、因島方向

B0844

下りは裏側に降りますがこちらも絶景ツーリングコース。

くるりと1周して再び生口島にもどって大三島をめざします。

B0895

どーです。。この景色&海の色。

今日は風が強いのでこれでも濁ってる方です。

イイ色ですね~多々羅大橋がみえてきたよ。happy01

B0931

大三島・多々羅で仲間と合流。 

チャリティーライドで集まった資金はLEGONを通して

震災寄付金に充てられます。

B0934

微々たるもんですが忘れないことが重要かと。

年に何回か行われます。 

心優しく脚に厳しくアタック合戦には非道な面々が

大勢集まりましたgood

B0939

記念撮影して一旦お開きに。

私は仕事なので・・・

B0943

リモーネさんでアイスモナカを食って一人離脱。

B0973_2

ミカン農道の新しい道をチェックしたり・・・

おっまだまだいい道あるじゃん!

B0961

美しい瀬戸内の海。 透明度も抜群ですよん。

飛び込みてぇ~~~と言いつつフェリーの人に。coldsweats01

| | コメント (6)

2012年8月 1日 (水)

吉賀町~津和野

今回の旅は 島根県、吉賀町よりスタート。

実はチョッと前にもこの町内をくまなく走ったばかりですが

このレポートはまた次回に・・coldsweats01

B0414

吉賀町は島根県の西の端っこ位置する山村です。

なにも無いけど自然関係は海以外は何でもあります。

有機農法の先駆的町で 丁度今の漫画スピリッツの中で

「美味しんぼ」なかで実在の方が漫画で出ています(^^;

B0417

例によって裏道脇道田舎道。

梅雨明けしてカラッとした酷暑sun暑いのはOKです。

雲も放浪雲が浮いてる程度。

B0428

吉賀町・旧かきのき村にある大井谷の集落。

棚田百選にも選ばれてる美味い米の産地。

B0437

鮮やかなグリーンが目を引きます。eye

B0441

休耕地も少なく美しい棚田の風景が続きます。

B0446

この急傾斜の田圃は維持するだけでも大変です。

しかしココの米は超美味いですよん。riceball

B0454

農家のオバちゃんと「あちぃ~ね~~~」

B0460

その後 国道を日原方面にぶっ飛ばしますが

旧道も随所に残っていてこのような良い味出した場所も

多く残ってます。 天然のプールがたくさん!

B0463 

コチラは国道。国道といっても車は少ないですから

ガンガン飛ばしていきます!爽快!

B0480

コチラはトンネルを迂回する旧道。

水の透明度は半端じゃないです。ジンクリアな水。

さすが清流日本一の高津川です。

B0487

コントラストの高いヌケの良い夏空。

暑いが気持ちいい! 

B0496

日原から津和野に向かう道も国道9号線は極悪な道

なので 裏道を縫うように抜けていきます。

青野山が見えてきたらもうスグ津和野。

B0502

裏道経由で津和野を目指します。

夏の田舎道。 日本的な感じですね。

B0508

軽く迷子(^^; それもまた楽し!

B0520 

平日なんでSLは走ってないのでこいつで我慢。

B0522

津和野ではいつもコノうどん屋。

カレーうどんがお気に入り。 平麺の柔らかいうどんで

パスタな感じ。

B0526

永命寺 青モミジが綺麗です。

森鴎外の墓所があります。

B0539

秋もオススメです。

B0546

今、緑の部分がメチャ紅葉しますよ~

B0556

甘酒アイス。 かなり酒っぽいアイス。うめ~!

B0570

幼稚園の園内。

B0575

静かな教会内

B0579

一番津和野らしいところなんで少しですが記念撮影用に

歩道を走る・・フリです。念のため(^^;

B0580

ここの鯉、メタボ過ぎ!!coldsweats02

B0590

稲荷神社 

B0597c 

西周旧居

B0607

いよいよ津和野離れて再び吉賀町を目指す峠へ。

青野山を回っていきます。 綺麗な山ですね。

B0609

峠を越えて再び旧・かきのき村エリア。

その昔、森林鉄道が走っていたときの鉄橋跡。

映画館もあったそーです。

このあと恋路山林道という峠越えます。

B0635

そして車のまったく来ない田圃道を走りデポ地へ!

あ~今日も良い道でした。

B0657

〆は 木部谷温泉・松の湯

出たときは無色透明ですが時間がたつと鉄分が酸化して

赤いお湯になります。

B0646

敷地内には珍しい間歇泉も出ています。

25分間隔でふきあがりますよん。

   

| | コメント (6)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »