« 囲炉裏オフ2012吉賀町 | トップページ | さぬきセンチュリー小豆島大会 »

2012年10月31日 (水)

濡れて紅葉

今年は紅葉が微妙・・本来は四国・石鎚の瓶が森林道に

行こうと思ってましたが予定より早く紅葉は終了・・・

西中国山地の未踏ルートへ変更とあいなりました。

B4846

中国道戸河内IC近くからスタートし脇道裏道を走りながら

芸北地方を目指します。天気は曇り時々晴れ予報。

B4877 

R191号線を北上し標高が600m超えると山は美しく

紅葉し始めます・・と同時に気温も急降下・・・snow

結構寒いです。

B4898

こんな天気は登りの方が断然楽しい(^^)

とはいえ今回の同行者3人は強烈な健脚者。。。。

あっという間に一人旅になってしまいますcoldsweats01

B4921

私のツーリングでおとなしくそのまま国道を走るわけも無く

途中から紅葉本命ポイントの深入峠ルートへmaple

B4932

九十九折りの緩やかな登り、紅葉ヒルクライムを楽しみます。

美しい森の中を落葉掻き分け走るのは最高の気分happy01

B4940

実に気分の良いひと時です。 あー来てよかった!

B4963

藪漕ぎも少し・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

な~んてバカなことやって遊んでたらなにやら怪しい雲が・・

しまいにはポツポツ来てザーザーの雨。。rain

木の下で雨宿りして一旦やんだ隙間にキャンプ場に退避。

B4968

さすが山の天気は読めない。。一面モノクロームの世界。

ま、そんなこともあるかと100均レインウエア装備が

いきなり役に立ちました。

B4987

雨が通りすぎると紅葉は鮮やかさを増します・・

標高700m地点 聖湖周回路。

B4997

爽快!爽快! 今までの雨な気分もどこへやら。。

単純な性格なヤツばかり。。

B5005

聖湖

B5022 

サイクリングは楽しいねぇ。。日差しが出てきたよ。

B5034

エエ道でしょう~紅葉はベストな状態。

雨が降った後の晴れ間は最高に美しいです。

B5058

昼飯はいつもの ぶなの里

B5073

そーして再びデンジャラスゾーンの裏道林道落葉地獄。

落葉の下に隠されてる枝や木の実を注意しながら走ります。

反射神経を使うので脳が疲れます。

でも良い香りと乾いた音が最高!!

B5082

立ち止まればソコは静寂の西中国山地。

B5096

スキー場と同じ斜度で直登する激坂白樺道。。

う~ん スピードについていけない。。wobbly crying

B5100

さて、んじゃもう一発ディープな山岳攻めに行くか!!

みたいな話をしていると再び雨。。しかも豪雨。。

こりゃ流石に危険だな・・ということで雨の中下山。

標高500mくらいに下がると雨は降ってなく路面も

乾いてました。 700mより上に雨雲が発生し続けた

ようでした。

|

« 囲炉裏オフ2012吉賀町 | トップページ | さぬきセンチュリー小豆島大会 »

コメント

美しい風景と
的確な解説❤

勉強になりました( ̄^ ̄)ゞ

投稿: ハラっさん | 2012年11月 1日 (木) 20:28

紅葉、白樺、落ち葉のジュウタン・・・
いいな~♪
みなさんの服装もよく目立つカラーリング、
まるで打ち合わせしたよう。

服装からして、ちょっと寒そうな。
スキー場ってことで標高も高いのかな?
横に並んで走るぐらいやから、きっと交通量も少ない、
静かな道なんですねー、そういう道っていいな。

投稿: あえ | 2012年11月 1日 (木) 22:40

ハラっさん
こんどは一緒にいきましょう~ね~
三人に千切られていつも風景の中で点に
なるくらい遠くに。。。(ToT)

投稿: やまもも | 2012年11月 1日 (木) 23:47

あえさん
併走してるところは車は来ない道ですね。
ほとんど来ないじゃなくまったく来ない・・・(^^; ただし猪や熊、猿が来る。。。(;´Д`A ```

標高は700~800mほどです。

投稿: やまもも | 2012年11月 1日 (木) 23:49

紅葉最盛期に入ってますね。
先々週はまだまだでした(笑)
なんとか時間取って見に行きたいです!!


投稿: クラッカー | 2012年11月 2日 (金) 10:57

クラッカーさん
紅葉も桜も美味しい時は短いですもんね~
なかなかタイミングが合いませんわ。。
MTB的には落葉して雪が降るまでが森が明るくて楽しいですけどね~

投稿: やまもも | 2012年11月 2日 (金) 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 囲炉裏オフ2012吉賀町 | トップページ | さぬきセンチュリー小豆島大会 »