« 濃霧の周防大島と銭壺山 | トップページ | 早春・備中高梁 »

2014年2月11日 (火)

極寒しまなみ・大人ポタ

最近の休みの日の天気の巡り合わせがよくありません。

この日も朝の最低気温が-5℃といった極寒。

しかもいきなりミカシマのペダルにシマノクリートで来てしまった。。

靴間違えて履いてきたcrying似たようなシステムなんで 

テンション緩めて対応しましたがスグ抜けて走りにくい。

B0009

この日のテーマは「大人のしまなみポタ」 

リッチに広島から新幹線輪行。20分ほどで到着です・・

しかしここでの気温-2℃。。。海のすぐ横で氷張ってます。

い~さんのブロンブトンと共に。

B0015

三原駅を出発して瀬戸田へ向かうフェリーの出る須波港を

目指します。小雪がチラチラして湾内も冬の夜明け。

B0018

あまりに寒いので港でアツアツのうどん。

まぁ・・・ここはたこ焼きが有名なんですがうどんは

駅うどんレベルですが冷えた体には激ウマ。

B0022

フェリーがやってきましたが・・・生口島・・雪被ってる・・

しまなみに雪が積もってるの初めて見ました!!

驚きです。 生口島・沢港へ向かいます。

B0050

生口島・瀬戸田からすぐ隣の小島・高根島周回へ。

水たまりは氷が溶けずカチカチ。。。。。

大三島のヒルクライムのメッカ 鷲が頭山も真っ白です。

B0097

島に残る手掘りのトンネル。情報では4月から改修工事で

この風情は消えてしまうそうです。 お早目に!

B0113

それにしても風が冷たい。。。顔がチリチリするくらいで

オッサンには辛い寒風です。

B0135

ふたたび橋を渡って生口島へもどります。

今回は「大人旅」なので寄り道多めです。

B0138

橋のたもとにある古寺「向上寺」の国宝・三重塔へ。

なかなかの風情がテーマにあってよろしい

B0146

頂上からの眺めはなかなかのモノ。

雪を頂いた瀬戸内海の景色。。。レアです。

B0169

10時のおやつ・・

お寺を下って玉木商店・ローストチキン手羽Lサイズ。

B0240

生口島~因島と渡り土生港より生名島へフェリーで渡り

佐島へ向かうコンクリート橋。 綺麗です。

B0273

弓削島周回して昼飯の予定でしたが昼になっても4~5℃の

気温に我々大人な旅人は撃沈。 さっさと食事タイム。

しまでCafeでレモンポークステーキランチ。

脂身も甘くておいしいです。

B0321

テンション下がってしまった我々は寒いふきっさらしの

鹿老渡フェリーを拒否(^^;ダイレクトに土生に戻るという

選択を。 ほとんど走ってませんわ。。。

土生からは止まると寒いので全力で走りますが

向かい風で全然すすみません。 かなりの苦行。。。

B0362

寒さに負けてこんどははっさく屋で暖を取ります。

B0394

あとは寒風の向かい風にイジメられながら尾道へ。

パン好きのい~さんはパン屋航路へ・・・

その後は定番の風呂です・・ディープ尾道ワールドへ。

B0544

知らない人だと発見すら難しいディープ湯「寿湯」

黄色いのは「蝋梅」でいい香りが漂ってます。

夏場は葉が生い茂りもっと見えにくいという具合です。

B0534

一番風呂、古いタイルが渋い。 湯温はバッチリの適温。

でもタイルが冷たいっ!snow

B0525

脱衣場も渋々です。。是非尾道行ったら探してみてね~

400円 貸しタオルもあります。

その後 尾道の仲間とも合流して 鶏料理やで酒池肉林。

再び新幹線輪行で広島へという「大人のくいだおれ旅」と

あいなりました・・coldsweats01

|

« 濃霧の周防大島と銭壺山 | トップページ | 早春・備中高梁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 濃霧の周防大島と銭壺山 | トップページ | 早春・備中高梁 »