2016年4月22日 (金)

やっと2016年解禁

相変わらず慢性テニス肘の為にロッド振りにくいのですが

最近少しづつサウスポーで振るトレーニングしてました。

成せばなるもんですね(^^)

B3077

今年は雪が異常に少なく何もかもが異例な感じです。

魚もいつもいるところに居ないし手探りの状況です。

B3018

まぁそれでもホームグラウンドの川ですからそれなりに

姿を見ることが出来ましたがこれが最大。

まだ鮮やかさも本調子じゃないですね。

B3053

左手で竿とラインコントロールしてるとアワセが遅れ気味

バラシもかなり多くなります。

特にメンディングのライン操作が至難の業です。

B3094

アワセ遅れも多く空振りも・・・

まだまだ超小型がほとんどをしめています。

とはいえやはり渓魚は美しいなぁ。。。渓に溶けるように

魚影が消える後ろ姿見送るのが最大の楽しみです。

やはりデカイのは5月からだなぁ

| | コメント (6)

2014年5月15日 (木)

高知の渓流釣り

遅めのゴールデンウィーク2日目の朝・・・

B5324

宿の前のビーチを朝の散歩。

瀬戸内海に暮らしてると水平線って新鮮です。

今日は曇りのち晴れ予報ですが自転車は休脚日。

B5328

今日は毛鉤釣り、フライフィッシングじゃなく和式毛鉤の

「テンカラ」で勝負します。 物部川上流部を調査

B5371

とはいえ四国の渓はV字の深い渓谷が多く初めて行く川は

かなりリスキーです。。。幸い民宿のお母さんの親戚に

渓流釣り師がいらっしゃったので情報分けていただきました。

さすが良い渓相だ。

B5345

ただし非常にシビアです。 なかなか厳しい釣りでしたが

釣れれば非常にデカい魚が多いです。

引き味も抜群!!朱点が広島のアマゴより多いきがするなぁ。

B5376

谷は雲の中、霧雨が降り続きますが緑は映え岩はしっとり。

B5350

GOOD!プロポーション!

B5363

淵に戻っていく姿も鮮やかな朱点が美しい。

ちなみに四国ではアマゴじゃなく「アメゴ」と呼びます。

B5387

午後から谷を変えて同じ水系の別の川へ

こちらもなかなかの風情です。。。。が

数は出るもののサイズが手のひらサイズです。

B5391

こんなイワシサイズが中心ですが風景と相まって

とても味わい深い釣行となりました。

B5393

こんな花も咲き乱れて四国の山奥。

B5403

べふ温泉でノンビリしてから今日の宿の高知市へ。

| | コメント (4)

2013年7月26日 (金)

夏渓流

広島の渓流漁期も残すところ1か月チョットになりました。

早いもんですね~

ホームグラウンドの渓流でフライロッド振ってきました。

B3759_3

渓流沿いの小路は木漏れ日にあふれ涼しい風が

吹き抜けます。 先行者の気配があったので攻める

ポイントをマニアックな場所に変更。

B3770_2

まずまずのサイズのアマゴが毛鉤をくわえていきます。

ファイトも上々!

B3787

中には鮮やかすぎる朱点のある個体も。。。

美しい朱色ですネ。

B3763

浅く広い水面、覆う木々 キャスティングとストーキングの

難易度は高いですが竿抜けしてる可能性も大!

毛鉤ロスト覚悟のキャスティング・・・・

B4335

なかなか厳しい状況ですが白泡の中から飛び出した

アマゴは体高もありプロポーションもGOOD

B4341


ジンクリアの水面に溶け込む色合い。。。美しい!

B4370


最後には良いサイズのゴギも姿を見せてくれました。

マイナスイオンたっぷり仕入れてきましたよん!

| | コメント (4)

2013年5月 7日 (火)

ちょこっと渓流

ほんの2時間だけ竿出してみました。

B0653

季節は進みアマゴの魚体も体高が出てきて

引きも良くなってきました。

今回はフライじゃなくテンカラで手軽に。。。。

B0722

しかもスニーカーにGパンで・・・(^^;

それでもそこそこ釣れるのでだんだんと横着になってしまい

いけないと思うんですが・・(^^;


| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

春の渓流

今年は季節の進むのが早い気がします。

例年ならまだ雪がチラホラ残っていて桜なんかまだまだ・・

B001

・・・のハズなんですが・・満開(^^;cherryblossom

しかも気温も5月並みです。。。おかしいですねホント。

B002

しかしアマゴは餌が豊富なのかすでに盛期の体高に

近づいてきています。

ヒゲナガカワトビゲラが沢山ハッチしています。

フライは毎度のパラスタエルク#14~12

B003

水量も多からず少なからず南の風微風、花曇りという

絶好のコンディション。 1ポイント1匹というありがたい

状態です。

B004

ちょっと小ぶりですがとても美しいアマゴだったので

記念写真(^^; この川のアマゴは本当に美しい。lovely

B005_3


本流筋では大型のオナシカワゲラが沢山ハッチしたり

流れていったりしてました。

なので・・・

B007

フライも大型化。 オナシ#12 

B008_3

結構流速速い場所からも飛び出します・up

B009_3

型も4月にしては上出来のサイズで引き味もGOOD!

今日はWツ抜けで後半は新作変態フライのテストしたりと

雑な釣りにcoldsweats01

B014

けっこう満足したのでフライは終了して

一旦 車にもどりMTBを出してポイント調査。

B015_2

しかし一応竿は装備。 今度はテンカラ竿をザックに

忍ばせて走ります。車の入れない場所も調査できるので

便利ですね。

B016

コチラの毛鉤はウエットフライ。 黒毛金玉毛鉤。

昔ながらの日本伝統の毛鉤です。 

結局釣れる時は何でも釣れるんだよなぁ~(^^;

| | コメント (7)

2012年4月20日 (金)

渓に救われに

大切な友人が急逝しました。

こんな時はさすがに自転車に乗る気分でもなく瀬音が

恋しくなり渓へ足を向けました。

B7208_2


サイズは小さいけれど美しいアマゴに癒されます。

B7230


異常なまでに鮮やかな朱点を持つアマゴ。

とある支流にのみコノ発色があります。

B7239


どの魚も朱というより蛍光オレンジです。

Namihiratakagerou


ナミヒラタカゲロウのハッチが多く 黒~茶に反応が

良かったです。

| | コメント (7)

2010年7月29日 (木)

真夏の渓流

今日はお昼過ぎから軽く探ってみました。

林道を自転車で移動しては釣り上がるの繰り返しです。

クマ鈴に熊撃退スプレーを腰に装着し準備OK!

B8885

自転車の移動は駐車に気を使う必要がなく何かと便利

ただしヒップブーツでの移動ですがやはり暑いっ!happy02

B8882

しばらくカディスやパラシュート、グリフィスナットなどを

浮かしてみても一切反応無し・・最後の頼みは・・これ。

テンカラ毛バリ 金玉黒毛バリ。どーってことない毛バリ

ですが広島のホームグラウンドでは圧倒的な安定感。

B8859

沈めた途端に深みからソコソコの良いサイズがscissors

よく走りまわってくれました・・・

B8873

お疲れ様~~~!

B8876

気温は30度を超えライズは皆無、魚は岩陰から

なかなか出てきてくれません・・

B8909_2

強引に口元まで流し込めればキッチリ取り込めますが

バラシの連続です。

B8884

帰りに滝壺でシャワーして帰りました!気持ちいいっ!

自転車は10kmも走ってませんwobbly

| | コメント (4)

2010年6月 3日 (木)

雷雨の狭間に

例によって午前中と夕方からがお仕事で空いてる日中に

ホームの川に駆けつけてみました。

本当はMTBに乗りたかったんですけど道がグチャグチャ

になってた・・

B7775

晴れてたのに到着するといきなり土砂降り・・30分待機

雨上がりで軽く探れば今年初のゴギ(岩魚系)が

小さいながら顔を見せてくれました。

B7766

アマゴもサイズは中型といったところでコノ辺りの

アベレージサイズです。今日は時間的都合で

フライロッドではなくテンカラ竿を使ってます。

B7790

晴れたと思ったら再び積乱雲が天高くそびえ始め

辺りが暗くなって冷たい風が吹き始めました。

車に退避したと同時に雷雨です。

B7800

再び空が明るくなったので再開。あと残り1時間・・・

コンスタントに釣れはするもののサイズが今ひとつ。

B7752

小ぶりのアマゴが中心です。

その代わりポイントには必ず反応があるので楽しいhappy01

B7816

もうタイムアップという頃に晴れてきました。

雨の後の晴れ間は息を呑むほど美しいgood

もっと遡上したかったけどココで脱渓します。

車での帰り道にツキノワグマに会いましたcoldsweats02

源流に一人入りましたがカウンターアソールトを

装備しているとかな安心感が違いますね。

使いたくはないけど・・

B7824 

雷雨が通り過ぎまた青空が戻ってきました。

| | コメント (2)

2010年5月21日 (金)

芸北のアマゴ

仕事が終わってからホームグラウンドの川で数時間。

最近は丸1日釣るということがなくなり短期決戦型に・・coldsweats01

B7250

雨上がりの翌日ということで川もリセットされて非常に

良いコンディションです。

多少スレ気味ではありますがキチンと流すことが出来れば

チャンと出てきてはくれます。バラシも多いですが。

B7215

今回はゴギ(岩魚)をターゲットにしていたのですが

まったく出会えずアマゴがメインになってしまいました。

B7207

盛期のフライはシャックの付いたXカディスです。

ハックルの下毛は直前にカットすることが多いです。

普段はサーフェイスベッタリ張り付きタイプ。

スレてるとこのまま使います・・

B7257

源流に近いのでサイズはこのくらいの小型がアベレージ。

#3番でほど良いサイズですがもう少し大型が欲しかったなぁ。

B7262

短期集中釣りあがりで終了!最近ヒップウェイダーで

済むところばかり・・チャンとウェーディングシューズ履いて

ないなぁーー

| | コメント (8)

2010年4月29日 (木)

COUNTER ASSAULT

今まで必要と思いながら目を瞑っていた商品。

源流釣りが好きで熊の多いエリアにすむ私には必要なもの・・

出来ることなら使用したくは無いけれど最近どーも不穏な事が

多くて不気味。

猿の増加、熊の里への下り、逃亡猟犬の野犬、猪・・と

フィールドにはいろんな生き物が共生してるから

仕方がないんですがね。

B6733

射程30フィート、落ち着いて撃てるのか?疑問は残るが

まぁ保険です。使わないで済めば最高。

西中国山地のライドや山サイには自転車でも必要だなと

感じることが多々あります。

B6735

自転車で野犬に襲われたことのある野犬トラウマの私は

ボトルに入れて携帯しようかな・・一人で走る時は。

野犬で使用した人は凄い効き目だったらしい。。。。

専用ホルダーもガンマン風で良い造りです。

自然豊かな地区に暮らす釣り師、サイクリストは1本いっときますか?

| | コメント (4)

より以前の記事一覧